スタジオの譜面

今日はギターレッスンの日。
最後の教科書も残り4Pで俄然テンションが上がります。今日の課題は、HR風バッキングとソロ、エアプレイのAOR風バッキングで、予習の成果もあり難なくクリア。そして次の課題は予習してきませんでしたが、譜面が込み合っていないにで楽勝と思っていましたが、これが鬼門でした。どういうことかというと、決めるところだけリズム譜が書いてあり、あとはコードネームが書いてあるのみ。慣れていない為、何拍目だかが把握できずぼろぼろでした。理解できれば楽勝だと思っていたところ、先生がこういいました。

スタジオで使う譜面はこんなもんだよ

言われてみれば、先生が手書きで書く譜面もこんな感じになっていましたが、そういうことだったんですね。毎回勉強になります。修行して出直してきますんで、これからもよろしくお願いします。

------------------------------------------

今日聴いた「曲」『アルバム』
・THUNDER「IN A BROKEN DERAM」
・DMITRI CHAEAEV『New York Attitude』
・MITCH PERRY『Wire To Wire』
・BILLY ERIC『G’tar Island』
・GARY HORY『GARY HORY』

入日茜さんの「幸せのようなもの(仮)」名曲です。彼女自身が自らに言い聞かせるかのようでもあり、私も心を読まれているかのような錯覚に陥るほどの恐ろしい歌詞です。いつか紹介します。
THUNDERがカバーした「IN A BROKEN DREAM」を今聴いていますが、これも名曲です。エピソードも知っており、ネタになるので、これもいつか紹介します

間違ってリターンを何回か押したら、前の画面に戻って一回書いた日記が消えてしまいました。皆さん注意しましょう
[PR]
by chelnov1988 | 2004-03-14 22:08 | 音楽
スペルボーン(Spellborn)