REALE ACCADEMIA DI MUSICA:レアーレ アカデミア ディ ムジカ

キーボーディストのフェデリコ・トロイアーニを就寝とする5人組のグループのデビュー作。

儚さを演出するメロディが哀愁を誘う味わい深い作品。

アコースティック・ピアノを使った繊細な曲から、

オルガンを駆使した重厚な曲まで多彩なサウンドを聴かせてくれる。

まさに幻の名盤と呼ぶにふさわしい傑作。(帯たたきより)



4曲目の「PADRE:父」のオルガンとヴォリーム奏法のEGの哀愁は尋常ではありません。

今年のベストアルバム候補。

哀愁マニア必聴!

[PR]
by chelnov1988 | 2005-04-16 22:21 | 音楽
スペルボーン(Spellborn)