書くこと。続けること。読み返すこと。

アクセス元表示をチェックしていたら、「高木郁乃」で詮索してきた人がいました。彼女はポップ系ユニット「Jungle Smile」のヴォーカリストで作詞家で、現在は音楽活動を休止している状態です。

サーチエンジンにかかったサイトをチェックしていると、Jungle Smileにたいして、スガシカオさんがコメントを寄せた文章を掲載したサイトを発見しました。その文章を読むと、スガシカオさんは、彼らの理解者であった事、そして高木郁乃さんの胸の内を垣間見ることができ、彼らのあまりの想いに涙しました。

私も、ジャンスマに対してはblogで書いたことがあり、それを読み返しました。拙い文章でしたが、愚直で熱い気持ちがこもっていました。

私の最近のblogはダレ気味で、気持ちが薄いので、内容もそれに伴ったものとなっていました。書くこと、続けることの重要性は認識していましたが、何かひとつ足りませんでした。それをこの機会が、気づかせてくれました。

「書くことによりその瞬間の自分を残し、それを続けることにより連続した自分を残し、それを読み返すことにより自分を省みる。全てが一体となって初めて意味を成す。」

認識を新たにします。

-----------------------------------------------------------
今日聴いた「曲」『アルバム』
・溝口肇(チェロ奏者)
『Espace(Best)』
http://www.archcello.com/
チェロはメロディが大きくて好きです。

・PANTETR(HM)
『VULGAR DISPLAY OF ROWER』
展開豊富な楽曲で、かなり考えられています。歌詞の内容が社会に対する怒りで、自分も共感します。

・Jungle Smile(ポップ系ユニット)
『抱きしめたい』
http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/junglesmile/
高木郁乃さんが書く、人の弱さに着目した歌詞は、心に響きます。
[PR]
by chelnov1988 | 2004-11-27 16:40 | 音楽
スペルボーン(Spellborn)