04.9.23幾何KIKA3@仙台JUNKBOX

今日聴いた「曲」『アルバム』
・入日茜(作曲家、ピアノ弾き語り系シンガーソングライター)
「痛み」「悠久の海へ」
http://www.good-day.info/irihi/
1stアルバム『魂のうた』本日リリース♪
視聴は↓
http://www.musicweb.ne.jp/search/result_a2.php?MWA0180

・住出勝則(アコースティックソロギター)
『groove files』
http://www.h5.dion.ne.jp/%7Esumide/
ソロギターは押尾コータローさん以外にもいっぱい居ます。

-----------------------------------------------------------
≪本文≫
行って来ました。200人ぐらいは動員があったと思います。
まず、イベントの紹介で、フライヤーより引用します。

カテゴライズ不能。
違和感。
奇音、轟音。
突出した個性を持つアーティストを紹介するイベント。
『キカ』
そこに来るのは
所謂、普通の表現手段を用いず、
緊要な形態を持ってしまったアーティスト達。


出演順に

air drive
アンビエントなエフェクトを用いたロック。クリーントーンのシークエンスが良かったです。

DEAD MAN
A.sax,Gr,Ba,Drのポストロック系インスト。轟音と静寂、展開も巧みで、空間を支配してました。好印象。また、ライブ行きます!音源、HP希望。

downy
http://www.downy.jp/news/index.html
私の今日のメイン。
バックドロップに白地のスクリーンを用意し、映像を映し出すことにより、音楽と一体となったライブパフォーマンス。混沌、破壊、叙情、それらが渾然一体。圧巻。凄い。彼らを体験するにはライブしかない。それは、映像が不可欠だから。

john jui’s Cornfield
Gr×2,Ba,Dr、シーケンサー使用。エフェクトを積極的に活用した混沌とした世界。動の部分が多いです。

obs(オブス)
暗転させた会場を、投光器とTV3台のみが照らす異質な空間。TVにはVJが操作する画像が映し出され、演出をより確かなものとしていた。ダブルドラムに可能性を感じます。彼らのライブ、一度は体験して欲しいです。
http://www5e.biglobe.ne.jp/%7Eobs_s/
[PR]
スペルボーン(Spellborn)