カテゴリ:バニラムード( 68 )

バニラムードの夕べ

開催日時 2005年12月4日(日)
場所 ホワイトキューブ
開場 16:30 開演17:00
料金 全席指定 前売3,000円 当日3,500円(税込み)
[PR]
最近バニムー関連サイトの元気がないようなので、取り上げてみました。


今週のテーマは、【コンビ】のようです。

ゲストの1組が「キャイーン」でしたが、紹介は何故かバニラムードがしました。
以下のMCは振りつきです。

Keiko:大柄小柄の二人組み♪
Mariko:小さい人が大きい人をリード♪
Yui&Waka:キメのポーズは「キャイ~ン♪」

照れ具合がいい感じですが、謎の演出ですw


演奏曲は、「ミセス ロビンソン」でした。
頭と中間に「Burn」のリフみたいなメロディーが入っていました。
AメロでYui&Wakaが拍手を要求する余裕まで見せていました。
Yuiさんが「Burn」のリフを使って全員との掛け合いをする豪華な仕掛けもありました。
Wakaさんがアップの際、フルートのパートが終わった途端、笑顔で対応!大進歩ですw
エンディングは、メインパートを弾いたYuiさんでシメです。
カメラ目線バトルが最高の演奏でした(謎)


面白くて、昼食が取れません。
[PR]
阿部アナ:それではここで、ふれあいホールに咲くお花達の演奏をお聞き頂きましょう。←久しぶりのキラーパスですw

演奏曲は「エーデルワイス」で、スインギーなジャズ風のアレンジになっており、Keikoさんのピアノソロもありました。そして最後は、全員がkeikoさんから斜め横に収まるフレームに切り替わり、Cのユニゾンでカメラ目線

最高ですw
[PR]
久しぶりに見ました
オープニングのコーダ付近が短縮されてました。

演奏曲は、「おもちゃのチャチャチャ」
チャチャチャに合わせて、個々のメンバーのアップ+ハンドクラップ
参りましたm(_ _)m

エンディングは、何かやろうとしましたが、何もなし。
[PR]
オープニングの最後のアレンジが変わっていました。

演奏曲は、スティービー・ワンダーの迷信でした。R&Bは珍しいです。4人のアップあり、リズムに合わせた謎の腰振りありでした。
[PR]
のハズが、Armotという、ベース、キーボート、ギターの男性トリオになってました。彼らは火曜日と木曜日に出るそうです。

バニムーは、月曜と水曜になると思いますが、正直、毎日は大変なので、仕方がないのかもしれません。
[PR]
演奏曲は、「SIR DUKE(恋するデューク)」でした。

カメラが切り替わると、右腕で顔を隠すWaka&Yuiのバストトップが映ります。そして、オケのスタートとともに右腕を払うと、薄いサングラス姿が現れます。リズムに合わせで、カメラがMariko&Keikoにスイッチし、謎の振り付けです。イントロ最後は、全員を写すフレームになり、イントロ明けに、サングラスを放り投げます。イントロだけでお腹いっぱいです(謎)
曲中は、リズムに合わせて、左右を向いたり、向き合ったり、Yui&Marikoの超ドアップありの大フューチャーです。

期待のエンディングは、直前に使った新聞紙を放り投げていました。


今週で最後だからでしょうか。久しぶりの大爆発でした。
[PR]
演奏曲は、「おぼろ月夜」で、オケ入りでスコシアップテンポなアレンジでした。YuiさんとMarikoさんがお互いを見やるところがあり、フレームもばっちりで面白かったです。

期待のエンディングは、BPM=60ぐらいで、タンウン、タンウン、タンウン、タタタンのリズムで、拍手をしていました。なかなか面白いです。
[PR]
演奏曲は、「花の街」でした。

出演者が、萩野アンナとますだおかだで、うざいかったです。

期待のエンディングは、野球拳の手をひらひらさせる動作でした。参りましたm(_ _)m
[PR]
演奏曲は、滝廉太郎の「荒城の月」で、スイングしたジャズッっぽいアレンジにしていました。

期待のエンディングは、納豆を食べるのに合わせて、混ぜて糸を引かせる動作をしていました。参りました。

TIMのレッドは、相変わらず面白くないです。
[PR]
スペルボーン(Spellborn)