カテゴリ:ライブ・展示会( 95 )

昨日の仙台が仕事の都合により途中参加で、しかもいいライブでした。気にいった曲があり、2ndアルバムの「ドライブ」という曲らしいが、それを確認する為、急遽盛岡遠征♪ 久しぶりの盛岡、めちゃ寒かったです。
会場は酒蔵という事で、雰囲気が良く、昨日同様音響も良く、満足いくライブでした。ちなみに盛岡はプロデューサー兼ギタリストの高橋研さんの地元です。感想など、あとで加筆します。
http://katoizumi.com/

-------------------------------------

今日聴いた「曲」
・DEEN「Tears On Earth(作曲:入日茜)」
・TAI PHONG「FLY AWAY」
・CAMEL「Lawrence」
・加藤いずみ「髪を切ってしまおう」「好きになって、よかった」
[PR]
大満足♪ ライブの雰囲気がいいよ。明日の盛岡も行きたい。感想など、あとで加筆します。
http://katoizumi.com/

-----------------------------------

今日聴いた「曲」
・キーラ「ルナパーク」
・入日茜「水色の街」
・RIOT「Restless Breed」「Hard Lovin’ Man」
[PR]
タイトルどおり、行って来ました、四谷天窓。遅れていったので、立ちで見ようとしたら、何故か最前が空いていたので、天窓初の最前に陣取ることになりました。超ラッキー♪でも、相変わらず、椅子が硬くて、超狭い。次からクッション持って行きます。
今日の出演者は3アーティスト。順にいきます。

・JUN
大阪のピアノ弾き語り系シンガーソングライター。バラードが好きなようで、ほとんどそっち系でした。昔、押尾コータローさんと一緒にやっていたことがあるそうで、彼の作曲した楽曲が8cmシングルとして売ってました。あと、いつも不思議に思うのですが、大阪の人のMCは全員面白く聞こえるのは何故でしょう。MCで「JUNで探すと何十万件出るが、JUN 大阪で探すと一番上にくる」と言ってました。実際やったらどこにも出てきません。どうやらネタのようです(笑)

・POM
楽曲提供やCAN/GOOのギタリスト、ポッキーの一員としても知られる(笑)人で、弾き語りは1年に一回ぐらいで行っているそうです。いろんな音楽を吸収しているらしく多彩な楽曲群で、ブルースが好きなので、それ風の楽曲に好印象を持ちました。なかなか歌えていましたし、この能力を他の活動にも生かして頂きたいです。かなりもったいない。あと、やっぱりMCが面白かったです。あれほどの音楽の才能がある限り、ギャグに埋もれた人生にはならないです(謎)
http://www.sky.sannet.ne.jp/cangoo/

・入日茜
マイクのセッティングから、いつものオープニング無しで、いきなり始まりました。前回のことがあったので心の準備はできていましたが(笑)セットリストは以下のとおり。
1.春霞
2.幸せのようなもの(仮)
3.白い部屋
4.骨無しヴァランタン
5.スパンコール
6.僕のヒーロー
7.レクイエムが聴こえる
E. 青春の影(チューリップ)with POM
激レアの「春霞」「スパンコール」、新曲「幸せのようなもの(仮)」が聴けて超ラッキーの、満足のいくライブでした。新曲に関しては、彼女らしい、1つの曲が小さな物語になっており、静かな情感をかもし出す、心に沁みわたるいい曲です。タイトルですが、「のようなもの」を付けることにより、「幸せ」とは違う意味も内包させています。この辺にもセンスを感じさせます。さすがです。
セットリストもよく、方向性で分けると1~3、4~5、6、7、という感じの、彼女の音楽世界を比較的網羅した内容でした。比較的と書いたのは、それでも足りないからです。彼女の音楽世界はかなり広く、そして何と言っても独特です。CDではほんの一面しか見ることができません。是非、ライブに足を運ぶことを勧めます。
http://www.good-day.info/irihi/

入日茜ライブ予定
・3/11(木)表参道FAB
・3/18(木)渋谷7th floor
・4/26(月)高田馬場CLUB PHASE

------------------------------------------

今日聞いたアルバム、曲
・入日茜「水色の街」「人生」「レクイエムが聴こえる」「Cooktail」
・雨宮遥「IZUMI」
・はやしいと「フレア」

入日さんがMCで、久しぶりの休みで起きたら午後4時だった、とおっしゃっていましたが、私も午後8時に寝て、目が覚めたのは午前10時半でした(凹)。だから、日記の更新が思いっきり遅れました(^^;
[PR]
/仙台MACANAでのHughes Turner Projectのツアー最終日です。あんな狭いところに200人以上入れたようで、とんでもない人口密度になってました。私がMACANAで見た中でも、一番の客入りでした。
Hughes Turner Project名義でアルバム2枚、ライブ1枚出ていますが、元DEEP PURPLE、RAINBOWの肩書きを持つ二人ということで、在籍した時代の曲の方を期待してました。やはり向こうもそれを分かっているようで、DEEP PURPLEからは「MISTREATED」「LADY DOUBLE DEALER」「You Keep on Moving」RAINBOWからは「l SURRENDER」「Street of dreams」「Spotlight kid」名曲のオンパレード!これらの曲は世に出てから20年以上たつにもかかわらず、会場の多くの人達はサビを一緒に歌ってました。
プロジェクトとして問題があるかも知れませんが、これでいいと思います。あっという間の1時間30分でした。
http://www.htpsupportersclub.org/

名曲は何年たっても歌い継がれる
[PR]
1/17(土)マーティー・フリードマン@Live House Enn
1/23(金)入日茜@原宿GIGZO
1/26(月)入日茜@浜松町JUNKBOX
1/27(火)鳥肌実@仙台市民会館
1/31(土)J&B@Live House enn

・マーティー・フリードマン
元メガデスのGで演歌に影響を受け、オリエンタルな怪しげなスケールと独特のチョーキングニュアンスを駆使します。基本的にはHM/HR系だが、ソロの2nd、3rdはクリーントーン主体でニューエイジに近いサウンドとなっています。プロデュースが喜多朗さんだったような記憶があります。
http://www.guitar-workshop.net/mv/marty/p_04.html

・入日茜
ピアノ弾き語り系のシンガーソングライター。音楽的背景が映画等のサントラにあるのがポイントで、他のシンガーソングライターとは発想が異なる唯一無二の楽曲ばかりです。今の私にとって最も興味を引く存在です。この日記で彼女は最も登場頻度が高くなることでしょう。要チェックです。
http://www.daiki-sound.jp/
「入日 茜(姓と字に要スペース)」で見つかります。「白い部屋」「別れの情景」が視聴可能です。レーベルに合わせてこのような曲だけになっていますが、実際は全く違います。ライブまで足を運ぶことを勧めます。
あと、ここでも視聴可能で、「水色の街」「人生」の2曲です。
http://www.musicweb.ne.jp/search/result_a2.php?MWA0180
彼女がラジオ出演したときの映像もあります。「guest on demand」の1/6になります。もうすぐ見れなくなるのでお早めに。
http://www.hithit.com/
オフィシャルサイトです。
http://www.good-day.info/irihi/

・鳥肌実
演説を駆使したお笑い芸人。右翼的立場から、社会情勢をネタに暴言を連発します。新聞、ニュースをチェックしてないと少しも笑えません。右翼の大物の名前も覚えておくとなお笑えます。女性は行かないほうがいいと思う。
http://www.torihada.com/torihada.html

・J&B
ロック系インストユニット。ファンク、ブルース、ジャズ、カントリーの要素をちりばめ、心地よいグルーブと梶原順さんの熱い弾きまくりがウリ(だと思う)。
http://members2.tsukaeru.net/kajiwara/index-2.html
[PR]
スペルボーン(Spellborn)